Alternative Streaming Quotes for US Equities

概観: 

The SEC Vendor Display Rule requires that brokers give clients access to the NBBO at the point of order entry. In order to provide users with free live streaming market data, we cannot display this free stream when entering an order without the client subscribing to the paid NBBO.

Background: 

Under the Rule 603(c) of Regulation NMS (Vendor Display Rule), when a broker is providing quotation information to clients that can be used to assess the current market or the quality of trade execution, reliance on non-consolidated market information as the source of that quotation would not be consistent with the Vendor Display Rule.

Therefore and according to FINRA's enforcement of the SEC rule, any client of a broker that is purchasing real-time quotes must buy the NBBO real-time services when making trading decisions.

All clients have access to streaming US equity quotes from the four CBOE exchanges and IEX at no charge. Since this data does not include all markets, we cannot show this quote when entering parameters for a US stock quote. Order routing will not change based on what is shown on the screen. If one is subscribed to NBBO quotes or not, by default the trade will still take place with the assistance of the SMART order router designed to provide the best price for the order.

Please see the sample screenshots below from TWS Classic and TWS Mosaic for what occurs when placing an order without the NBBO streaming subscription for US equities. 

TWS Classic:

1. Screenshot of quotes showing without order entry line item

2. Screenshot of quote going blank when putting in the order entry line item

TWS Mosaic:

1. Screenshot of quotes showing without order entry line item

2. Screenshot of quote going blank when putting in the order entry line item

IB TWSとIB KeyのIBKRモバイルへの統合

概要

ユーザーの移行は現在ご利用のアプリの状況によって異なります。以下をご確認ください:

1. スマートフォンを取引のみに使用(IB TWSをインストール済み) - こちらをクリック
2. スマートフォンを認証のみに使用(IB Keyをインストール済み) -  こちらをクリック
3. スマートフォンを取引と認証の両方に使用(IB TWSとIB Keyをインストール済み) - こちらをクリック
4. スマートフォンをデビットカードでの取引に使用(IB Keyをインストール済み) -  こちらをクリック
 

IB TWSをご利用のユーザ―の場合

ご利用のスマートフォンのIB TWSから、IB Keyを使わずにお取引をされていた場合は以下のようになります。
1. 初めてアプリを立ち上げる際に、以下のホーム画面が新しく表示されます。
図1はiOSデバイス用IBKRモバイルのホーム画面です。図2はアンドロイドデバイス用のホーム画面です。

     
図1                                                         図2

2. 取引ボタンをタップしてください。
3. これ以降はすべて今までと同じです。
 

 

取引画面から他の機能にアクセスする

認証モジュールやデビットカード機能など、IBKRモバイルの別の機能へのアクセスを
ご希望の場合:

iOSの場合(図3)
1. 「さらに表示」メニュー(画面の右下の端にあります)を開いてください。
2. ページの一番下までスクロールしてください。
アンドロイドの場合(図4)
1. アプリのメニューを開いてください。
2. 下にある「アプリの設定」項目までスクロールしてください。

  
図3                                                                                                図4
 

IB Keyをご利用のユーザーの場合

有効化

1. IBKRモバイルを立ち上げて、認証をタップしてください。
2. アプリがIB Keyがインストールされたことを検出し、それ以降のアクションを表示します。
アップデートの自動移行(図5)をしてからの自動移行になるか、
後にマニュアルでの移行のどちらかになります。

     
図5                                                       図6                                                 図7

移行の完了後にスタンドアローンのIB Keyアプリ(過去にお客様が認証されたもの)起動すると、
次の画面(図8)が表示されます


 図8

 

毎日のオペレーション


A. ログインの際、インターネット接続がある場合には特に変更はなく、シームレス
認証プロセスが使用されます:
1. TWSやアカウント・マネジメント、WebTraderやIBKRモバイルの該当する欄にログイン情報を
入力してください。ログインをクリックしてください。
2. システムからお客様のスマートフォンの画面に通知が送信されますので、これをタップしてください。
3. ご利用のデバイスにより、カメラを使用しての顔認識やセンサー(iOS)による指紋認証を行うか、
PINコード(アンドロイドの場合)を入力してください。システムが自動的に進んでいきます。


B. インターネット接続がない場合には、IBKRモバイルのチャレンジ-レスポンス・モードをご利用ください:
1. TWSやアカウント・マネジメント、WebTraderやIBKRモバイルの該当する欄にログイン情報を
入力してください。「ログイン」をクリックしてください。
2. 「通知を受信していません」というリンクをクリックしてください。
3. IBKRモバイルを立ち上げて「認証」をタップしてください。
4. スマートフォンアプリのチャレンジ欄に、ログイン画面に表示される数字を入力して
ください。「作成」ボタンをタップしてください。
5. スマートフォンアプリに表示される数字をログイン画面のレスポンス欄に入力して
ください。「ログイン」をクリックしてください。

 

IB TWSとIB Keyの両方をご利用の場合

1. IBKR認証モジュールの有効化手順をまず完了させてください。
モバイルアプリ(こちらをクリック)。
2. IBKRのホーム画面にある取引ボタンをタップして、取引画面にログインしてください。
モバイルアプリ(こちらをクリック)。

 

IBデビットカードをご利用の場合

1. IBKR認証モジュールの有効化手順をまず完了させてください。
モバイルアプリ(こちらをクリック)。
2. IBKRモバイルアプリのホーム画面にあるデビットカードのボタンをタップしてください。これ以降はすべて
今までと同じです

 

 

How to overcome the "Downloading settings from server failed" error

Background: 

Store settings on server allows clients the ability to store their Trader Workstation (TWS) settings/configuration on the cloud and retrieve them at anytime from another computer. This feature allows you to use the layout of a specific user on two or more machines.

In some specific circumstances, the operation which stores/downloads the settings to/from the cloud may fail and the following error message may appear shortly after the TWS has loaded on the screen:

 

 

 How to overcome this error message?

 The underlying causes of this message are usually the following:

  • ACCESS TO THE LOCAL MACHINE IS BLOCKED: A security setup, such as a firewall or antivirus, prevents the access of this computer to the cloud storage. This prevents TWS from accessing the remote server, thus disallowing the settings file upload or download. Recommended workaround: set up an exception on the firewall or antivirus in order to exclude the TWS executable file (c:\Jts\tws.exe) or the entire TWS folder (C:\Jts) from the real time security scan. The procedure to set an exclusion may vary, according to the software you are using, therefore we recommend consulting the user guide or the on-line documentation of your specific security program.
     
  • ACCESS TO THE REMOTE SERVER IS BLOCKED: A firewall or proxy service blocks the communication with the cloud storage through the network on which this computer is. In this scenario, you (or your IT / Networking departments, in case you do not have the rights for such an operation) can modify the firewall or proxy settings to allow the computer to communicate with the cloud server s3.amazonaws.com on the TCP port 443. For additional details about the hosts/ports which needs to be allowed for the proper TWS operation, please see as well the section "DESKTOP TWS" of KB2816. Please refer to the documentation of your specific software in order to create specific rules for your firewall or proxy system.

 

See KB2323 for instructions on how to restore TWS settings from external storage
See KB2320 for instructions on transferring settings from one user to another

 

IB TWS and IB Key Merger into IBKR Mobile

OVERVIEW

The migration for your user depends upon your current use of the apps as follows:

1. Your Smartphone is solely used for trading (IB TWS installed) - Click Here
2. Your Smartphone is solely used for authentication (IB Key installed) -  Click Here
3. Your Smartphone is used for both trading and authentication (IB TWS and IB Key installed) - Click Here
4. Your Smartphone is used for Debit Card transactions (IB Key installed) -  Click Here
 

You are a user of IB TWS

You have been trading on your smartphone with IB TWS and you have not used IB Key.
1. Upon first launch of the application you will see the following new Home Screen.
Figure 1 is the Home Screen of IBKR Mobile for iOS devices. Figure 2 is the Android device version.

     
Figure 1                                                     Figure 2

2. Tap on the Trade button.
3. The rest of the application experience is identical to what you have already used in the past.
 

 

Access to the other functions from the Trading Screen

If you wish to access the other functions of the IBKR Mobile, such as the Authentication module or the
Debit Card functions:

For iOS (Figure 3)
1. Open the menu ‘More’ (lower right-hand corner of your screen).
2. Scroll to the very bottom of this page
For Android (Figure 4)
1. Open the Application menu
2. Scroll to the bottom section - App Settings

       

Figure 3

    

Figure 4
 

You are an IB Key user

Activation

1. Launch the IBKR Mobile and tap on Authentication.
2. The app will detect the installation of the IB Key and will suggest a course of action - either an
automated migration (Figure 5) on an update and then automated migration.
You can as well choose to manually migrate at a later point.

     
Figure 5                                                 Figure 6                                                 Figure 7

After the migration is completed, should you run the IB Key standalone application - the one you have
authenticated with in the past - you will see the following screen (Figure 8).


Figure 8

 

Daily Operation


A. Nothing changes in the daily login experience if you have an Internet connection - the Seamless
Authentication process will be used:
1. Enter your credentials in the corresponding fields (in the TWS, Account Management, WebTrader or
IBKR Mobile). Click on Login.
2. The system will send you a notification on your smartphone’s screen - tap on it.
3. Depending on your device, present your face to the camera or fingerprint on the sensor (iOS) or
enter your PIN code (Android). The system will the automatically proceed with the login.


B. If you have no Internet connection, you will use the IBKR Mobile in Challenge-Response mode:
1. Enter your credentials in the corresponding fields (in the TWS, Account Management, WebTrader or
IBKR Mobile). Click on ‘Login'.
2. Click on the link saying “I did not receive a notification”.
3. Launch the IBKR Mobile and tap on ‘Authentication’.
4. In the field Challenge of your smartphone application enter the values displayed on the Login
Screen. Tap the ‘Generate’ button.
5. Enter the values displayed by your smartphone app into the field Response string on the Login
Screen. Click ‘Login’.

 

You are a user of both IB TWS and IB Key

1. Please complete first the procedure for the activation of the Authentication module of the IBKR
Mobile app (Click Here).
2. Login to the trading screen by taping on the Trade button of the Home Screen in your new IBKR
Mobile app (Click Here).

 

You use an IB Debit Card

1. Please complete first the procedure for the activation of the Authentication module of the IBKR
Mobile app (Click Here).
2. On the Home Screen of the IBKR Mobile app tap on the Debit Card button. The rest of the experience
is identical to what you have already used in the past.

 

 

市場の開始前および終了後時間の株式取引方法

概観: 

商品によっては初期設定として通常取引時間(RTH)のみの規制を付けて発注されます。 この規制が付く場合、発注された注文が市場開始前または終了後の時間に約定しない可能性があります。 ここではこの時間規制および変更方法をご説明致します。

 

 

Background: 

通常取引時間(RTH)外の取引には、流動性の減少やボラティリティの増加、また時間外に注文発注を行う前にトレーダーが知っておくべき取引エラーに関するガイドラインが増えるなど、特有のリスクがあります。

 

 

内容:

発注済み注文にRTH規制が適用されている場合にこれを見極める方法

初期設定の変更

その他の重要な留意点

 

 

発注済み注文にRTH規制が適用されている場合に見極める方法

 

トレーダー・ワークステーション(TWS)

RTHのみに規制されている注文は、注文有効期限(TIF)欄に時計のアイコンが表示されます。

時計のアイコンにマウスをかざすと、注文の約定時間に関する情報が表示されます。

         

時間規制のない注文には時計のアイコンが表示されないか、時計アイコンの上に注意マークが表示され、通常取引時間外にも有効であることを示します。

         

 注文発注前にこの欄をクリックしてRTH設定の変更をすることができます。 表示されるドロップダウンより「通常時間外の約定」ボックスにチェックを入れてください。

 

ウェブトレーダー

ウェブトレーダー内の注文作成画面に、「通常時間外の約定」ボックスが表示されます。 このボックスがグレーの場合、これはデフォルトの注文タイプとしてRTH設定の適用がないことを意味します。

 

留意点:  注文発注後はRTH規制への変更はできません。 RTH規制を変更するには発注された注文をキャンセルし、RTH設定を選択し直した上で新しい注文として発注する必要があります。

初期設定の変更

 

ウェブトレーダー

ウェブトレーダーではデフォルト注文タイプおよび設定を保存することができません。 このため通常取引時間外にも注文を有効にしておくには、注文作成時に各注文にRTHオプションを選択する必要があります。

 

トレーダー・ワークステーション(TWS)

TWS内でのデフォルトRTH設定の調整は以下の様にできます;

1. TWS画面の上方にある編集>> グローバル設定メニューからです。 

           

2. 画面が立ち上がり、この左側に事前設定が表示され、この横に 「+」が現れます。これをクリックして拡大してください。

         

2. 次にご希望の商品(株式や先物など)タイプをクリックして選択すると、これがハイライトされます。

         

3. プライマリー注文の項目で注文タイプがLMTに設定されていることを確認します。(デフォルトでMKTやSTPが選択されている場合、RTH設定は利用できません)。

         

4. タイミングの項目内で、「通常の取引時間外での注文の約定を許可する」のボックスにチェックを入れます。

         

5. 適用をクリックしてから画面下のOKをクリックしてください。

6. RTH規制の変更が可能な注文(ステップ1で選択されている商品)は、新しいデフォルト設定が適用された上で作成されます。

 

その他の重要な留意点:

 

* 特定の商品の通常取引時間は、マーケットデータライン上でクリックし、コントラクト情報 >> 詳細から確認することができます。 選択されている商品の通常取引時間がこの画面に表示されます。

* Forex、OTCBBおよびピンクシート有価証券には中央化された市場や主要取引所がないため、通常取引時間がありません。 これらの商品を早い時間や遅い時間に取引する場合、以前に適用されているデフォルトのRTH規制に関係なく注文が約定しますのでご注意ください。

 

How to adjust font size in TWS

Background: 

By default, Trader Workstation (TWS) is designed to display in a font size and style which can be read comfortably for the average user across various screen sizes and resolutions. With the advent of new technologies, there has been an exponential push to make monitors with higher display sizes and your layout may need to be further adjusted manually. This document serves to explain how to manually adjust the font size for TWS.

Procedure

To adjust font size throughout TWS:

  1. From the Anchor window, click the Font Size Adjustment icon.
  2. Check the button Adjust window & column widths to ensure all windows will resize automatically to keep the same font:window ratio. (If unchecked, only font size will change but window size will remain the same).
  3. Click the button Smaller or Larger until the font size is correct.
    Notice that the font size will change immediately as you click the button.
  4. Click the Font Size Adjustment icon   when done.

Note: It is possible that currently not all windows will be adjusted in the same way.

IBのホストおよびポートに関する参照文献

Background: 

SSLを使用する場合、TWSは弊社サーバーにポート4000と4001を介して接続します。その他のポートでは機能しません。プロキシ・サーバーをご利用の上でTWSを使用する際には、入ってくるポートおよび出て行くポートの両方が開いている透明な状態にあることが必要です。

下記は弊社のTWSサービスをご利用いただく際に使用可能なゲートウェイすべておよびそのホストになります。これらのホストのアクセスを許可してください。

お客様の接続に必要な設定の確認や、正しく設定されているかの確認はIBKRテスト専用ページより簡単にできます。このページではメインの取引とマーケットデータのサーバーにお客様のネットワークが接続されているかテストをします。「成功」の返答が出た場合には、それ以上何も必要ありません。「失敗」が出た場合には、お客様のネットワーク設定に新規ホストの許可を追加するか、変更の再確認をお奨めいたします。

注意: お客様のネットワークがブラウザーのプロキシを使用している場合、テストページが正確でない表示をする可能性があります。こういった場合やネットワーク設定に確信がない場合にはネットワーク管理者にご連絡いただき、下記にリストされるホストのピンおよびテルネット・テストを行って、接続条件のコンプライアンスに問題がないことをご確認ください。

仕様:

クライアント・ポータルおよびウェブサイト

地域/商品

サーバー(ホスト)

ポート1

IBKRウェブサイト – アメリカ

www.interactivebrokers.com

443

IBKRウェブサイト – カナダ

www.interactivebrokers.ca

443

IBKRウェブサイト – イギリス

www.interactivebrokers.co.uk

443

IBKRウェブサイト – インド2

www.interactivebrokers.co.in

443

IBKRウェブサイト – 日本2

www.interactivebrokers.co.jp

443

IBKRウェブサイト – 香港2

www.interactivebrokers.com.hk 443

IBKRウェブサイト – 中国2

www.ibkr.com.cn 443

IBKRウェブサイト – オーストラリア

www.interactivebrokers.com.au 443

アカウント・マネジメント – 東

gdcdyn.interactivebrokers.com

443

アカウント・マネジメント – 中央

cdcdyn.interactivebrokers.com

443

ディザスターリカバリーサイト

www.ibgdr.com 80

1: 標準のコミュニケーション: TCP Port 80 | SSL コミュニケーション: TCP Port 443.

2: このIBサーバーではping要求をサポートしていません。

重要: インターネットへのアクセスを負荷分散させるシステムを使用する企業ネットワーク経由でクライアント・ポータルにアクセスされる場合、ログイン中やログイン後に期限切れ/無効なセッション、またはウェブコンテンツ不足などのエラーメッセージが出ることがあります。 負荷分散を行うシステムはネットワークの負担を均等に保つため、2つ以上のネットワークインターフェースを通して発信接続を循環させています。このメカニズムが使用するされる場合、お客様のHTTPリクエストは異なるIPアドレスを通して弊社のシステムに届くことになり、クライアント・ポータルのセッションの無効化につながることがあります。
こういった場合にはネットワーク管理者やITグループにご連絡いただき、ご利用の機器やデバイスが負荷分散機能をバイパスできる設定をリクエストしていただきますと、クライアント・ポータルのセッションが無効化されなくなります。
 

 

デスクトップTWS

地域/ツール

主要/バックアップ

サーバー(ホスト)

ポート


TWSアメリカ – 東

主要

gdc1.ibllc.com / ndc1.ibllc.com


4000 / 4001

バックアップ

gdc1_hb1.ibllc.com / ndc1_hb1.ibllc.com


TWSアメリカ – 中央

主要

cdc1.ibllc.com


4000 / 4001

バックアップ

cdc1_hb1.ibllc.com


TWSヨーロッパ

主要

zdc1.ibllc.com


4000 / 4001

バックアップ

zdc1_hb1.ibllc.com

TWSアジア

主要

hdc1.ibllc.com

4000 / 4001

バックアップ

hdc1_hb1.ibllc.com

TWSアジア – 中国3

主要

mcgw1.ibllc.com.cn

4000 / 4001

バックアップ

mcgw1_hb1.ibllc.com.cn
TWS自動アップデート 主要

download.interactivebrokers.com

443

download2.interactivebrokers.com

リスク・ナビゲーター

主要

risk.interactivebrokers.com

443

TWSクラウド設定

主要

s3.amazonaws.com

443

IB CAM

主要

gdc1.ibllc.com

4000 / 4001

診断レポート

主要

https://wit1.interactivebrokers.com

443

3:香港のサーバーに割当される口座をお持ちのお客様用のゲートウェイですが、物理的な接続は中国本土からとなります。

 

 

 

IBKR Host and Ports Documentation

Background: 

TWS connects to IBKR servers via port 4000 and 4001, if using SSL, and will not operate on any other port. If you are using a proxy server, it needs to be a transparent with both inbound and outbound ports open so that the TWS can function properly.

Below are listed all the gateways, along with the corresponding destination host that might be used by the TWS when you use our services, please allow access to those hosts.

The easiest way to test whether your connection needs any special setup or has been configured properly is to use IBKR's Dedicated Test page, which will provide a dynamic test of your network’s connection against our main trading and market data servers. If a “Success” response is returned, there is nothing more for you to do. If the response is “Failure”, we recommend adding an exception for the new hosts to your network’s configuration or review your changes.

Note: If your network uses a browser proxy, the test page can produce false positives. In this case, or if you are not sure what your network setup is, turn to your network administrators, who can perform ping and telnet tests to the hosts listed below to confirm compliance with the connectivity requirements.

Specs:

CLIENT PORTAL AND WEBSITE

REGION/PRODUCT

SERVER (HOST)

PORTS1

IBKR WEBSITE – AMERICA

www.interactivebrokers.com

443

IBKR WEBSITE – Canada

www.interactivebrokers.ca

443

IBKR WEBSITE – UK

www.interactivebrokers.co.uk

443

IBKR WEBSITE – INDIA2

www.interactivebrokers.co.in

443

IBKR WEBSITE – JAPAN2

www.interactivebrokers.co.jp

443

IBKR WEBSITE – HONG KONG2

www.interactivebrokers.com.hk 443

IBKR WEBSITE – CHINA2

www.ibkr.com.cn 443

IBKR WEBSITE - AUSTRALIA

www.interactivebrokers.com.au 443

ACCOUNT MGMT – EAST

gdcdyn.interactivebrokers.com

443

ACCOUNT MGMT – CENTRAL

cdcdyn.interactivebrokers.com

443

DISASTER RECOVERY SITE

www.ibgdr.com 80

1: Standard Communication: TCP Port 80 | SSL Communication: TCP Port 443.

2: This IB Server host does not support ping request.

Important Note: If you are accessing Client Portal from a corporate network where the Internet access is provided through a load balancing equipment, you may receive error messages about expired/invalid session and/or missing web content upon or after the login phase.  The load balancer cycles your outbound connections over two or more network interfaces to equalize the network workload. As a consequence of this mechanism, your HTTP requests reach our systems from different IP addresses, invalidating your Client Portal session.
In this scenario, as a solution, please ask your network administrator or IT group to configure your machine/device for bypassing the load balancer. This will allow your session to remain valid and alive.
 

 

DESKTOP TWS

REGION/TOOL

PRIMARY/BACKUP

SERVER (HOST)

PORTS


TWS AMERICA – EAST

PRIMARY

ndc1.ibllc.com


4000 / 4001

BACKUP

ndc1_hb1.ibllc.com


TWS AMERICA – CENTRAL

PRIMARY

cdc1.ibllc.com


4000 / 4001

BACKUP

cdc1_hb1.ibllc.com


TWS EUROPE

PRIMARY

zdc1.ibllc.com


4000 / 4001

BACKUP

zdc1_hb1.ibllc.com

TWS ASIA

PRIMARY

hdc1.ibllc.com

4000 / 4001

BACKUP

hdc1_hb1.ibllc.com

TWS ASIA - CHINA3

PRIMARY

mcgw1.ibllc.com.cn

4000 / 4001

BACKUP

mcgw1_hb1.ibllc.com.cn
TWS AUTO-UPDATE PRIMARY

download.interactivebrokers.com

443

download2.interactivebrokers.com

RISK NAVIGATOR

PRIMARY

risk.interactivebrokers.com

443

TWS CLOUD SETTINGS

PRIMARY

s3.amazonaws.com

443

IB CAM

PRIMARY

gdc1.ibllc.com

4000 / 4001

DIAGNOSTICS REPORTS

PRIMARY

https://wit1.interactivebrokers.com

443

3: Gateway dedicated to clients with accounts assigned to the Hong Kong server, but are physically connecting from Mainland China.

 

 

 

How to check and solve connectivity issues affecting the Trader Workstation (TWS)

Background: 

The Trader Workstation (TWS) software needs to connect to our gateways and market data servers in order to work properly. Connectivity issues affecting your local network or your Internet Service Provider network may negatively affect the TWS functionality. In this article we will indicate how to test your connectivity using an automated connectivity test web page.

 

How to test the connectivity using the automated "IB Connectivity Test" web page?

1) Click on this link: http://www.interactivebrokers.com/cgi-bin/conn_test.pl 

2) Please wait until all the tests have been completed and results have been displayed. If you see "Success" as outcome for all tests, your connectivity to IB Servers is reliable at the present moment. No additional connectivity troubleshooting or configuration should be needed.

3) If you see "Fail" as outcome for one or more test/s, please click on the link "Fail" itself in order to display the "IB Network Troubleshooting Guide". That section will help you conduct some manual tests to identify the cause of the failure.

Note for Corporative environments and Proxy server users: the automated "Connectivity Test" page may return misleading results in case your machine is accessing the Internet through a Proxy server. This usually happens if you are connected to a company network. If this is your case, we kindly ask you to contact your Network Administrator or your IT Team and ask them to perform a manual connectivity tests towards the destination servers indicated in the table on the top of the IB automated "Connectivity Test" web page itself. The manual connectivity test should be conducted using destination TCP ports 4000 and 4001. Should they prefer to have the server list in another format or should they need to set up the firewall / IP Management rules, you can forward them this page.

 

Locating Portfolio Page

The portfolio page allows you to view and montor your current portfolio at the individual position level, including psoition quantity, market value, current bid-ask and profit/loss. Instructions for locating the page vary by trading platform and are outlined below:

TWS Classic - First check to see if you have detached the page from the main window (an option provided by right clicking on the tab). If this is the case, the page will be open but hidden behind the main window. Minimize the main window by clicking on the minimize icon located in the upper-right hand corner of the screen. If you are able to then view the portfolio page and wish to reattach it, simply right click on the tab to open the menu and select the "Attach Page" option.

If the page is not detached, select the "Account Window" option from the top menu bar and then "Portfolio Window" menu option.

 

Mosiac - from the Montor window, click on the small + sign located to the right of any existing monitor tabs. Then select "Portfolio" and this page will reappear.

 

 

Syndicate content