ADRパススルー手数料

American Depository Receipts (ADRs)でポジションを管理されている口座保有者はADRの代理としてカストディサービスを提供しているエージェント・バンクの定期手数料の対象となりますのでご注意ください。これらのセービスは通常、ADRで引き受けられている外国株式の保管と登録管理、遵守と記録保管業務が含まれます。

本来、エージェント・バンクはADR配当からカストディ手数料を差し引くことが可能でしたが、多くのADRが定期的に配当を支払わないため、エージェント・バンクは手数料を徴収することができなくなりました。そのため2009年より、Depository Trust Company (DTC)はSECの承認を受け、定期的な配当支払がないADRのカストディ手数料をエージェント・バンクの代理として徴収することとなりました。DTCはIBなどの顧客のためにADRを保有する参加ブローカーから手数料を徴収いたします。この手数料はパススルー手数料としてブローカーより顧客に直接徴収するように取り決められております。

ADRへ配当を支払うポジションを保有している場合、この手数料は配当より差し引かれます。ADRへ配当を支払わないポジションを保有する場合、このパススルー手数料は毎月のステートメントに査定日をレコード日として反映されます。現金配当と同様、ADR手数料の分配は口座ステートメントの未払いセクションに反映されます。徴収されますと、ADRのシンボル付きで「調節 - その他」としてステートメントの入出金セクションに記録されます。
 

この手数料は通常、一株につき$0.01 - $0.03となりますが、金額ADRによって異なり、詳しい情報はADRの目論見書をご確認していただく必要があります。目論見書のオンライン検索はEDGAR Company Searchツールで行うことが可能です。

リスク・ナビゲーターを使用してエクスポージャー・フィーの見積もり

リスクナビゲーターではカスタムシナリオ作成機能があり、ポジションとシナリオの変化によってエクスポージャー・フィーが発生するか査定することが可能です。下記の手順によって「What-If (仮想)」ポートフォリオを策することが可能で既存のポートフォリオもしくは新規のポートフォリオを基にエクスポージャー・フィーの見積もりが可能です。この機能はTWS 951 ver.以降でご利用いただけます。

Step 1: What-Ifポートフォリオを開く
TWSのクラシック画面より分析ツールリスクナビゲーターを選択し、新規What-Ifメニューオプションを選択してください。
 
Exhibit 1

 

Step 2: 開始するポートフォリオの定義を作成する
ポップアップ・ウインドウA pop-up(Exhibit 2)が表示され。こちらで既存のポートフォリオより仮想ポートフォリオを作成するか新規で作成するか決定することが可能です。「yes」ボタンを押すと既存のポジションをダウンロードして「What If」ポートフォリオを作成することが可能です。
 
Exhibit 2

 
「No」ボタンを押すとWhat-Ifポートフォリオをポジションなしで開始します(Exhibit 3)。仮想ポジションを作成した商品クラスのタブを選択する(例:Equityなど)
  
Exhibit 3
 
 
 
Step 3: ポジションを追加する
What-Ifポートフォリオにポジションを追加する場合、「New」と書かれている緑の列をクリックして原資産シンボルを入力し、(Exhibit 4)、商品タイプを設定し(Exhibit 5)、数量を入力してください(Exhibit 6)。
 
Exhibit 4
 
 
Exhibit 5
 
 
Exhibit 6
 
 
Step 4: エクスポージャー・フィーの見積もり
ご自身のWhat-Ifポートフォリオを基にエクスポージャー・フィーの予想金額を確認するには、エクスポージャー・フィーメニューオプションにあるレポートをクリックしてください(Exhibit 7)。商品クラス別に分けられたエクスポージャー・フィーの予想額がポップアップ・ウインドウに表示されます(Exhibit 8)。
 
Exhibit 7
 
 
Exhibit 8

 

 

KB2344に口座ウインドウよりエクスポージャー・フィーのモニタリングを行う方法についての情報、KB2276に注文確認画面でのエクスポージャー・フィーの確認についての情報が記載されております。

通過帳戶窗口監控風險費用

賬戶窗口可供客戶實時監控賬戶。監控信息包括主要餘額,如總資產和現金、投資組合信息以及保證金餘額,獲悉這些信息可供客戶確定賬戶是否符合要求以及當前的購買力。該窗口還包括最新評估的風險費用信息以及綜合當前頭寸所預測的下一筆風險費用。

打開帳戶窗口:
• 從標準模式的TWS工作空間點擊賬戶圖標,或從賬戶菜單選擇賬戶窗口(圖例1)

圖例1

 

• 從TWS魔方工作空間的菜單依次選擇賬戶、賬戶窗口(圖例2)

圖例2

 

打開窗口後,滾動鼠標至保證金要求部分並點擊右上角的+號擴展該部分。 “最後”以及“預測的下一筆”風險費用部分將按照產品類別(如股票,石油)詳細顯示費用情況。請注意,“最後”餘額代表截至上次評估日期的費用(注意,該費用根據截至收盤時持有的未平倉頭寸計算且隨後收取)。 “預測的下一筆”餘額代表今天收盤起預測的費用,該費用考慮了自上次計算以來的賬戶頭寸活動(圖例3)。

圖例3

 

想要在該部分收縮時設置默認視圖,請點擊數據行項目旁邊的複選框,如此,這些項目便會一直顯示。

 

有關通過IB風險漫遊管理並預測風險費用的更多信息請參見KB2275;有關通過定單預覽屏幕確認風險費用的更多信息請參見KB2276

通过账户窗口监控风险费用

账户窗口可供客户实时监控账户。监控信息包括主要余额,如总资产和现金、投资组合信息以及保证金余额,获悉这些信息可供客户确定账户是否符合要求以及当前的购买力。该窗口还包括最新评估的风险费用信息以及综合当前头寸所预测的下一笔风险费用。

打开账户窗口:

• 从标准模式的TWS工作空间点击账户图标,或从账户菜单选择账户窗口(图例1)

图例 1

 • 从TWS魔方工作空间的菜单依次选择账户、账户窗口(图例2)

图例 2

打开窗口后,滚动鼠标至保证金要求部分并点击右上角的+号扩展该部分。“最后”以及“预测的下一笔”风险费用部分将按照产品类别(如股票,石油)详细显示费用情况。请注意,“最后”余额代表截至上次评估日期的费用(注意,该费用根据截至收盘时持有的未平仓头寸计算且随后收取)。“预测的下一笔”余额代表今天收盘起预测的费用,该费用考虑了自上次计算以来的账户头寸活动(图例3)。

图例 3

 

想要在该部分收缩时设置默认视图,请点击数据行项目旁边的复选框,如此,这些项目便会一直显示。

有关通过IB风险漫游管理并预测风险费用的更多信息请参见KB2275;有关通过定单预览屏幕确认风险费用的更多信息请参见KB2276

定单预览 - 检查风险费用影响

IB提供的检查风险费用影响可供账户持有人检查定单会对预期风险费用产生的影响。我们设计该功能的初衷在于希望在提交定单前事先通知客户该定单会对费用产生的影响,并允许客户在定单提交前进行必要的修改以减少或消除该笔费用。

客户可在定单预览窗口开启时通过右键点击定单行来启用该功能。届时,窗口将显示名为“检查风险费用影响”的链接(请见下方图例I内标注的红色方框)。

图例 I

点击链接后,窗口会扩展并显示与当前头寸相关的风险费用、定单即将执行时费用发生变更时的风险费用,以及定单执行时总费用的风险费用(请见下方图例 II内标注的红色方框)。这些余额会进一步按照产品类别分开显示(如股票,石油)。如果认为费用影响过大,账户持有人可在不传递定单的情况下直接关闭该窗口。

图例 II

有关使用IB风险漫游管理以及预测风险费用的更多信息请参见KB2275;有关通过账户窗口监控费用的更多信息请参见KB2344

定單預覽—檢查風險費用影響

IB提供讓帳戶持有人檢查定單對預測風險費用影響的功能。這一功能在提交定單前使用,可提供有關費用的預先通知,並且允許客戶在提交定單前對定單進行修改以最小化或消除費用。

可通過右鍵點擊定單行打開定單預覽窗口啟用該功能。該窗口包含一個標題為“檢查風險費用影響”的鏈接(見圖例1中的紅色加亮框)。

圖例1

 

點擊鏈接將展開窗口并顯示當前頭寸對應的風險費用,定單執行后的費用變化以及定單執行后的總費用(見圖例2中的紅色加亮框)。這些余額進一步根據費用對應的產品分類進行了細分(如股票、原油)。如果費用影響確定為超出,帳戶持有人可以不傳遞定單,直接關閉窗口。

圖例2

 

有關使用IB風險漫遊管理并預測風險費用的信息,請查看KB2275;有關通過帳戶窗口監控費用的信息,請查看KB2344

使用风险漫游预测风险费用

IB风险漫游提供的自定义情境功能可供客户确定投资组合发生变化对风险费用所产生的影响。下方列出的是通过变更现有投资组合或全新拟建投资组合创建“如果怎样”投资组合与确定最终费用的步骤。请注意,仅TWS 951及以上版本可使用该功能。

 

第一步:打开新的“如果怎样”投资组合
从标准模式的TWS交易平台依次选择分析工具风险漫游打开新的如果怎样(图例1)。
 
图例 1

 

第二步:定义初始投资组合
您将需要从弹出窗口(图例2)中定义是否要从当前投资组合创建假设投资组合或创建全新的投资组合。点击“确认”按钮可将现有的头寸导入至新的“如果怎样”投资组合。

 

图例 2

 
点击“否”按钮可打开不含有当前头寸的“如果怎样”投资组合(图例3)。选择您想要创建假设头寸的产品(如股票)所对应的标签。
  
图例 3
 
 
 
第三步:添加头寸
 
要向“如果怎样”投资组合添加头寸,请点击绿色的“全新”数据行,然后输入底层证券代码(图例4), 随后定义产品类别(图例5)并输入头寸数量(图例6)。

 

图例4
 
 
图例5
 
 
图例6
 
 
第四步:确定风险费用
要查看基于”如果怎样“投资组合的预测风险费用,请依次点击报告风险费用菜单(图例7)。届时弹出窗口将显示按产品类型列出的预测风险费用(图例8)。
 
图例 7
 
 
图例 8

 

 

有关通过账户窗口监控风险费用的更多信息,请查看KB2344;有关如何从定单预览屏幕确认风险费用的更多信息,请查看KB2276

使用風險漫遊預測風險費用

IB風險漫遊提供的自定義情境功能可供客戶確定投資組合變化對風險費用的影響。下方列出了在改變現有投資組合或設立全新投資組合的基礎上創建“如果怎樣”投資組合以及確定相應費用的步驟。請注意,僅TWS 951及以上版本可使用該功能。

步驟1:打開一個新的“如果怎樣”投資組合
從標準模式TWS交易平臺選擇分析工具、風險漫遊,然後打開新的如果怎樣菜單選項(圖例1)。
 
圖例1

 

步驟2:確定初始投資組合
您將需要在彈出窗口(圖例2)中確定是要基於當前的投資組合創建一個假設的投資組合還是重新創建一個投資組合。點擊“是”按鈕將把現有頭寸下載至新的“如果怎樣”投資組合中。
 
圖例2

 
點擊“否”按鈕將打開沒有頭寸的“如果怎樣”投資組合(圖例3)。選擇您想要創建假設頭寸的產品類別對應的標籤(如股票)。
  
Exhibit 3
 
 
 
步驟3:添加頭寸
向“如果怎樣”投資組合添加頭寸,請點擊標題為“全新的”的綠色行,然後輸入底層證券代碼(圖例4),確定產品類型(圖例5)并輸入頭寸數量(圖例6)。
 
圖例4
 
 
圖例5
 
 
圖例6
 
 
步驟4:確定風險費用
查看基於您“如果怎樣”投資組合的預測風險費用,請點擊報告然後點擊風險費用菜單選項(圖例7)。之後將會出現一個彈出窗口,按產品類別列出預測風險費用細分(圖例8)。
 
圖例7
 
 
圖例8

 

 

有關通過帳戶窗口監控風險費用的信息請查看KB2344;有關通過定單預覽頁面檢查風險費用的信息請查看KB2276

Monitorización de tarifa de exposición vía Ventana de Cuenta

La Ventana de Cuenta proporciona la información de alto nivel adecuada para monitorizar su propia cuenta en tiempo real.  Esto incluye balances clave como liquidez total y efectivo y la composición de la cartera y saldos de margen para determinar el cumplimiento con los requisitos y el poder de compra disponible.  Esta ventana también incluye información relacionada con la tarifa de exposición evaluada más recientemente y una proyección de la próxima tarifa, tomando en cuenta las posiciones actuales.

Para abrir la Ventana de Cuenta:
• Desde el entorno de trabajo de TWS clásica, haga clic en el icono Cuenta o, desde el menú de Cuenta, seleccione la Ventana de Cuenta (Ejemplo 1)
 

Ejemplo 1

 

• Desde el entorno de trabajo de TWS Mosaico, haga clic en Cuenta desde el menú y luego seleccione Ventana de Cuenta (Ejemplo 2)

Ejemplo 2

 

Una vez abierta la ventana, baje hasta la sección Requisitos de Margen y haga clic en el signo + en la esquina superior derecha para expandir la sección. Aquí, las tarifas de exposición "Última" y "próxima calculada" se detallarán para cada una de las clasificaciones de producto a las que la tarifa se aplica (capital, crudo).  Tenga en cuenta que el saldo "última" representa la tarifa en la fecha de última evaluación (las tarifas se calculan basadas en las posiciones abiertas mantenidas al cierre del día operativo y se evalúan poco después).  El saldo "próxima calculada" representa la tarifa proyectada al cierre del día en curso teniendo en cuenta la actividad de posiciones de cuenta desde el cálculo previo (Ejemplo 3).

Ejemplo 3

 

Para establecer la vista predeterminada cuando la sección está contraída, haga clic en la casilla junto a cualquier elemento y esas líneas se seguirán mostrando en todo momento.

 

Por favor, consulte el artículo KB2275 para información respecto al uso del Risk Navigator de IB para gestionar y proyectar la Tarifa de Exposición y el artículo KB2276 para verificar la tarifa de exposición a través de la pantalla Vista Previa de Orden.

Monitoraggio Commissione di esposizione mediante Finestra conto

La Finestra conto fornisce informazioni generali che permettono il monitoraggio del proprio conto in tempo reale. Tali informazioni comprendono i saldi principali quali, per esempio, l'ammontare del capitale proprio e della liquidità, la composizione del portafoglio e i saldi di margine per la verifica della conformità ai requisiti e del potere d'acquisto disponibile.  Da questa schermata si ottengono anche informazioni relative all'ultima commissione di esposizione addebitata e una stima della commissione successiva sulla base delle posizioni esistenti.

È possibile aprire la Finestra conto mediante: 
• la postazione TWS classica, cliccando sull'icona Conto o selezionando Finestra conto dalla voce Conto del menu (Figura 1)
 

Figura 1

 

• la postazione TWS Mosaic, cliccando sulla voce Conto del menu e poi selezionando Finestra conto (Figura 2)

Figura 2

 

Dopo l'apertura della schermata è necessario scorrere verso il basso fino alla voce Requisiti di margine e poi cliccare sul segno + nell'angolo in alto a destra per espandere la sezione.  Le commissioni di esposizione, denominate rispettivamente "ultima" e "prossima attesa", sono ivi dettagliate per ogni categoria di prodotto cui si applicano (es. azioni, petrolio).  Si prega di notare che il saldo indicato alla voce "ultima" rappresenta la commissione aggiornata all'ultima data in cui è stata addebitata (si ricorda che le commissioni sono computerizzate in base alle posizioni in essere alla data di chiusura e addebitate di lì a breve).  Il saldo "prossimo atteso" rappresenta la commissione attesa alla data di chiusura in essere sulla base dell'attività della posizione rispetto al calcolo precedente (Figura 3).

Figura 3

 

In caso di sezione nascosta è possibile modificare la visualizzazione predefinita facendo un segno di spunta nella casellina a fianco di un elemento affinché tale elemento sia sempre visualizzato.

 

Si veda l'articolo KB2275 per informazioni sull'utilizzo di Risk Navigator relative alla gestione e alla stima della Commissione di esposizione e il KB2276 per verificare la Commissione di esposizione attraverso la schermata Anteprima ordine.

Syndicate content